渡り廊下走り隊7

AKB48から派生したこのユニット 渡り廊下走り隊7

今大きなブームを巻き起こしているAKB48の派生ユニットの1つ、それが渡り廊下走り隊7です。
メンバーはユニット名にもあるように7人。
渡辺麻友(わたなべ まゆ)、岩佐美咲(いわさ みさき)、浦野一美(うらの かずみ)、多田愛佳(おおた あいか)、菊地あやか(きくち あやか)、小森美果(こもり みか)、仲川遥香(なかがわ はるか)によって結成されています。
かつてのおニャン子クラブを手がけた秋元康が、その派生ユニットうしろ髪ひかれ隊の妹分として新たに世に送り出したのが、この渡り廊下走り隊7。
もともとは、前身の渡り廊下走り隊から新たに2人を加えた、期間限定のユニットとなる予定でしたが、彼女たちが出演するラジオ番組が好評だったため、渡り廊下走り隊7としての長期活動が決定しました。

 

渡り廊下走り隊の時から渡り廊下走り隊7に至った現在まで、リリースした曲は全てオリコン10位に入るほどの人気を集める彼女たち。
渡り廊下走り隊の時にリリースした「アッカンベー橋」は、1位を獲得するほどの成果を上げています。
童謡のような親しみやすさと愛らしさが印象的なこの曲は、子供も大好きな曲。
着メロとして使用しているのですが、この曲が流れる度に子供が喜ぶので、ついいろんな人とメールのやりとりをしてしまいます。

 

魅力的な女の子が集まって、更なる魅力を生み出すこととなった、渡り廊下走り隊7。
子供から大人まで、誰もが思わず好きになる愛らしいユニットです。


ホーム RSS購読 サイトマップ