チップチューンからテクノポップまで、着メロに最適なエレクトロな音楽達

過去には「YMO(YELLOW MAGIC ORCHESTRA)」近年では「Perfume」メジャーな音楽ジャンルといっても良いはずのテクノ系音楽ですが、電子的なサウンドには抵抗があるという人も多いようです。
一般的な歌謡曲のように、しっかりとした歌詞と、Aメロ、Bメロ、サビといった音楽構成がなくて、前衛的な楽曲も多いためテクノ・エレクトロ系の音楽を敬遠している場合もあるようです。
フレーズは知っているけど一曲を通しで聴いたことがないという人向けに、いろんな楽曲をチョイスしてみました。

 

新しい映画版“トロン:レガシー(2010年)”のサントラをフルで担当した「Daft Punk」からは、インパクトの強烈な“Human After All(原点回帰)”アルバムの古さを感じさせない電脳空間の音楽といったところでしょう。
「Daft Punk」で感じをつかんだら、もう少し前衛な「Kraftwerk」にも挑戦です。特にアルバム“ヨーロッパ特急”は、クラフトワークの間口として有効です。
これらの全体的な特徴としては、繰り返されるフレーズを楽しむということですね。ピコピコサウンドや、シンセサイザーのうねるような音も大切ですが、リフレインの妙を感じてみましょう。

 

また、チップチューンという、レトロな音源を使った可愛らしい音楽も、動画共有サイトなどを通してWebではたくさん流通しています。その試聴も行なってみたいと思います。

チップチューンからテクノポップまで、着メロに最適なエレクトロな音楽達記事一覧

着メロにも定番のテクノポップの元祖

Perfumeに代表される近年のテクノポップを聴くなら、やはり元祖のYMO(YELLOW MAGIC ORCHESTRA)は必聴ですよね。着メロにも定番です。これまで興味がなかった人も、テレビ番組のBGMや何かでYMOの曲は聴いているはずですが、アルバムとしてまとめて聴くと、単なるピコピコ音を使った...

≫続きを読む

 

現代テクノポップの王道を進む“Perfume”

Perfumeの代表曲は何でしょうか。プロモーション的にはCMソングにもなった“レーザービーム”が一つの区切りとなったようですね。どの楽曲も淀んだようなベース音と、キュートな女の子のボーカルの対比が良い感じです。ダンスの振り付けは、いわゆる様式美であり、米国やラテン系の生命力を感じさせるフォーマット...

≫続きを読む

 

未来っぽい、でも聴きやすい音楽

Perfumeを代表とするテクノポップアイドルは、ケータイ世代に受け入れられて今に至っています。それ以前の、ポケベル世代は“Puffy”“JUDY AND MARY”、外タレでは“t.A.T.u.”も当たりました。いろんな意味で勢いのある時代の音楽を育てた世代です。音楽としては実験的な試みも多かった...

≫続きを読む

 

着メロに最適、チップチューン

ファミコン音源っぽい音を使って楽曲を演出するのが、チップチューンです。国内のアーティストでは“YMCK ”が有名です。このジャンルであれば、どれも着メロに設定したくなりますね。現世代のコンシューマー・ゲーム機であるPS3 / Xbox360では、ゲームサントラも映画のサントラと変わりない音質で収録さ...

≫続きを読む

 

チップチューン・サウンド

動画共有サイトで“チップチューン”を探してみると、いろいろな楽曲がヒットします。“スーパーマリオ”“グラディウス”のような、ゲーム・サウンドの再生産や、変わったところでは、ジャズ・ギタリストの“パット・メセニー”の曲を、チップチューン風にアレンジして投稿している人もいます。特に、海外にチップチューン...

≫続きを読む

 

クラフトワークは要チェック

どんな音楽にしろ、初めて聴くカテゴリーの音楽というのは、その後に強く印象を残します。テクノ系の音楽も好き嫌いがわかれますが、いきなり“クラフトワーク(Kraftwerk)”を聴いて、自分には合わない……。と引いてしまった人もいるんではないでしょうか?前衛的・技術的なユニットの特徴として、クラフトワー...

≫続きを読む

 

サントラとデジタルっぽいミュージック

未来系のサウンド+テクノといえば、“Daft Punk”は外せませんね。映画「トロン:レガシー(2010年)」のサントラは秀逸でした。映画としては、旧版の映画「トロン(1982年)」の方が、衝撃的だったように記憶してますが、サントラは間違いなく新しい方のトロンですね。旧トロンの思い出といえば、当時「...

≫続きを読む

 

ダンスなテクノからユーロビートまで

いまではあまり聞かれなくなりましたが、一時期の小室ファミリー&小室哲哉の楽曲は、音楽理論的には、フレームが甘い部分があり玄人ウケしないと言われました。そのため、ジャンル的には「テクノ」というくくりから外されていましたが、今聴くと結構カッコいいテクノ系のダンス・ミュージックを作っていますよね。売れすぎ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ