着メロ無料サイトを利用する上で著作権法改正ポイントを把握しよう

著作権法改正ポイントを把握しよう

著作権法改正後、違法着メロ配信サイトの取り締まりが更に強化されました。今回の改正で一番大きく変わった部分と言えば、違法ファイルをダウンロードした利用者までもが処罰の対象となるということです。違法ファイルと分かっていながらダウンロードした場合には違法行為と見なされるようです。それまでのように利用者は関係ないというわけにもいきませんので、著作権法改正について把握しておくべきですね。
そもそも著作権法が改正された目的は蔓延する違法着メロ配信サイトを食い止めるためのもので、利用者を処罰することが目的ではありません。そのため処罰の内容について明確にはされていないようです。だからといって、違法ダウンロードを繰り返して良いのかというとそうではありません。違法配信&ダウンロードの取り締りが強化されているだけに、注目されているでしょうから、違法行為を繰り返していると逮捕に繋がることだってあるでしょう。実は今までに利用者が逮捕された事例はありません。初の逮捕者ともなり兼ねませんので注意しましょう。
著作権法改正時に違法ダウンロードが処罰の対象となった上に、著作権侵害による罰則も強化されました。個人の場合の罰金刑ですが今まで500万円以下だったのが1000万円以下になり、懲役刑は今まで5年以下だったのが10年以下に変わりました。具体的な罰則が決められていないとは言え、取り締まりが厳しくなっていることもあり違法ダウンロードで実名が明かされることも出てくるかもしれませんので、あまり軽く考え過ぎない方が良さそうですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ